イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

新型コロナウイルスと犬

f:id:inunokoto:20200409092739j:plain

お久しぶりです。

気が付けば前回の記事から約半年…放置してしまいました。

本業のトリミングサロンが思いのほか忙しくなってしまい、なかなかブログが書けずにいました。

この度の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて、私のお店も休業することとなりまして…急にぽっかり空いてしまったスケジュールを見て愕然としますが、こんな時こそ今しかできないことをしようと思います。

とりあえず書きたいことはいっぱいあるので、なるべく沢山ブログ書きたいと思います。

いつまで続くか分からない休業期間ですが、目標は20記事!

今日は新型コロナウイルスと犬についてのお話です。

新型コロナって犬にもうつるの?

犬飼いとして今1番気になるのがこれ。

犬にうつったとか猫にうつったとか…色々な情報があって混乱してしまいますよね。

最近ではアメリカの動物園で飼育されているトラとライオンが感染したという話が注目されています。

現段階では、日本の獣医師会は「感染した人と濃厚接触のあったペット動物への感染の可能性は否定できない」と発表しています。

もともと野生動物から感染したと言われるウイルスですから、動物への感染があってもおかしくないですよね。

日本のコウモリにも感染してしまったら…と思うと恐ろしいです。

コウモリはともかく、ペットの犬との濃厚接触は避けられません。

我が子を守るためにできることは、飼い主自身の健康管理しかありません。

私がお店を休業することを決めたのも、この「我が子を守れるのは自分しかいない」という想いからです。

ペットへの感染がないにしても、私が感染・入院となってしまったら…うちの子の面倒は誰が見てくれるのでしょう。

今回の新型コロナウイルスと戦う上で私ができることはただひとつ。

「大切な人、そしてペットを守るためにも自分がまず健康でいること」

新型コロナは犬にもうつるの?

新型コロナが流行し始めてすぐの頃、犬の混合ワクチンに含まれている犬コロナウイルスと勘違いしていた方が多く、動物病院にも沢山の問い合わせがあったそうです。

同じ「コロナ」ですが、新型コロナは主に呼吸器に症状が出るのに対し、犬コロナは消化器症状を引き起こします。

どちらも高い感染力を持ちますが、基本的には異種間での感染はありません。

ちなみに猫コロナもありますが、猫伝染性腹膜炎を引き起し命にかかわる重篤な病気です。

…と、同じ「コロナ」でも実は全く別のもの。ややこしいですね。

新型コロナとトリミング

トリマーの経営者仲間に休業を伝えたところ、笑われてしまいました。

泣く泣く下した決断だったので、傷つきましたが…実際今回の緊急事態宣言で休業をするトリミングサロンは半分くらいかな?という感覚です。

除菌・消毒を徹底した上で通常営業するお店、スタッフと予約を減らし短縮営業するお店など様々です。

どれが正解、ということはないと思います。

お客様、わんちゃん、そしてスタッフが安心して安全にトリミングができるのであれば営業を続けるのが良いのかもしれません。

でも、私は自分が1番安心できないので休業という選択をしました。

自分を守ることはお客様を守ること、お客様を守ることははわんちゃんを守ること。

もしも通っているトリミングサロンが休業したら…

このブログを読んでくださっている方の通われているトリミングサロンも、もしかしたら休業されているかもしれません。

アメリカではトリミングサロンも自粛要請対象になっているところもあるので、今後日本でも全店舗休業になるかもしれないですね。

そんな時どうすれば良いのか?

  1. 別のトリミングサロンに行く
  2. 営業再開まで待つ
  3. お家でトリミングしてみる
別のトリミングサロンに行く

正直なところ、いつも担当しているトリマーからすると1番寂しいパターンですが…。

もし近くに別のサロンがあればそちらにお願いしても良いかもしれません。

やはり快適な生活を送るためには、定期的なお手入れが必要不可欠です。

プードルのような犬種であれば、2か月3か月トリミング間隔が空いてしまうと毛玉おばけになってしまいますからね。

デメリットとしては、慣れないトリマーに施術されるストレスを犬が感じること、いつもとはカットが変わってしまう可能性があること。

営業再開まで待つ

お客様に休業のお知らせを出した時、沢山のお客様から「再開楽しみに待ってます!」とメッセージを頂き、嬉しくて大泣きしました。

トリマーとしては本当に本当に嬉しいお言葉ですが、犬のことを考えるとやはり定期的なお手入れは必要ですね。

実は、トリマー同士って意外と繋がっています。

お互い良いライバルでもありますが、いざという時に助け合えるような関係だったりもします。

いつも通っているトリミングサロンに相談すると、他のサロンを紹介してくれるかもしれません。

お家でトリミングしてみる

意外と多かったのが「お家で頑張ってやってみます!」というメッセージ。

今はYouTubeなどにもトリミングの動画が沢山あがっており、探せばいくらでも出てきます。

私は本来トリミングって、お家でパパママがやってあげるのが1番良いと思っています。

誰より信頼している飼い主がトリミングしてくれるのが、犬にとって最も安心できますから。

とは言えトリマーはプロですから、同じようにやるのは不可能ですよね。

もし出来てしまったら長年の私の努力は一体…となってしまいますので。

私もインスタのストーリーなどで、お客様向けにブラッシングやシャンプーの仕方を動画にしようかと思っています。

こちらのブログでもできればそういったことも出来たら良いなと思います。

もし分からないことや知りたいことがあれば、コメントやメッセージ頂ければできる範囲で対応させていただきますので、遠慮なくご連絡くださいませ。

 狂犬病予防集合注射の延期

今年の狂犬病予防注射の集合注射が延期になった地域が多くあります。

自治体によって新しい日程は違いますが、だいたい6月頃まで延期になったところが多いみたいです。

お住まいの地域で確認してみてくださいね。

私が住んでいる所はお知らせのお手紙が届きました。

集合注射は人が多く集まりますので、コロナが落ち着いてからも少し注意が必要です。

心配な場合は動物病院での接種にしても良いと思います。

まとめ:私達飼い主がしっかりと予防を!

犬を飼っている飼っていないに関係なく、しっかり予防が大切ですが…。

愛犬にもうつるかもしれないという可能性も考えて、犬の周りも念のためこまめに除菌・消毒してあげましょう。

今後、ウイルスが変異して動物への感染が広がる可能性も十分にありえます。

ちなみに、犬に付いたウイルスはシャンプーで落とせるそうですよ。

そして、万が一の時の為に我が子を預けられる方を探しておくことも大切です。

外出自粛中も散歩は問題ないとされていますので、たまには愛犬と一緒にのんびり外の空気を吸いに行くのも良いですね。

先が見えず不安な日々が続きますが、今はお家で愛犬といつも以上に一緒に過ごせるチャンスと思って、お家時間も楽しく過ごしましょう!