イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

【コロナ対策】トリミングサロンに愛犬を預ける際に【お願い】

f:id:inunokoto:20200414192008j:plain
東京都から、休業を要請する業態や施設の発表されました。

トリミングサロンも、床面積の合計が1000平方メートルを超える店舗については対象になっています。

私のお店は緊急事態宣言が出てから休業していますが、経営者仲間の中には対策をしっかりと行った上で営業を続けているサロンもあります。

サロン側ではいつも以上に除菌・消毒を徹底いますが、お客様のご協力も必要不可欠です。

サロンからのインフォメーションもSNSで発信されていますが、お店とお客様の意識の違い等で対策が上手くいっていないという話も聞きます。

通っているサロンによって対策はそれぞれ違いますが、こちらのブログでもお客様ができる対策をご紹介します。

合わせて各サロンの対策、注意事項をお電話やSNS等で必ず確認してください。

トリミングに行く際のコロナ対策

  • 体調が不安な場合は迷わずキャンセルを!
  • 極力トリミング頻度を下げる
  • マスクをしていく
  • 犬の受け渡しはお店の入り口で
  • キャリーバッグに入れて行く
  • 念のため迷子札を付ける
  • スタッフとなるべく話さない
  • トリミング後のお迎えは早く行く
  • お会計はキャッシュレスが便利

体調が不安な場合は迷わずキャンセルを!

自分だけでなく、家族や友人に体調不良な方がいらっしゃる場合もトリミングは控えましょう。

また、2週間以内に海外への渡航歴がある方も予約はキャンセル、または延期してください。

実際に、海外から帰国し2週間の自宅待機中にトリミングサロンを利用してしまった例があるそうです。

極力トリミング頻度を下げる

今の時期、営業をしているトリミングサロンは予約がいっぱいです。

換気や消毒に時間をかけたり、お客様同士の接触がないよう十分時間にゆとりを持って予約を取っている状況です。

単純に人同士の接触を減らすためにも、少しだけ我慢です。

マスクをしていく

マスクは予防にならない、しても意味がないという情報もありますが、やはりスタッフとお客様双方安心してやりとりができるよう、マスクはして行ってくださいね。

犬の受け渡しはお店の入り口で

少しでも受け渡しの時間が短くなるよう、入り口での受け渡しを行っているサロンがほとんどです。

普段ペット関係のお店では、逸脱防止の為お店の外での動物の受け渡しは絶対に行いません。

非常事態ですので、しっかりと逸脱防止対策を行ってお店に協力しましょう。

キャリーバッグに入れて行く

リードで繋いで行くだけでは首輪やハーネスが抜けることもあり、大変危険なので必ずキャリーバッグかクレートに入れて連れて行ってください。

また、犬がお店に入りたがらなかったり興奮して受け渡しがスムーズに行かないということも避けたいので、こちらは最もお願いしたいところです。

念のため迷子札を付ける

入り口での受け渡しによる万が一の逸脱事故に備えてです。

普段使っていない方は、首輪に電話番号を書いた紙を貼りつけておくだけでも良いと思います。

スタッフとなるべく話さない

これ、とても難しいのですが大事です。

愛犬のことになるとついついおしゃべりしたくなってしまいますが、トリマーも不安の中で仕事をしていますので、ご協力いただけますようお願いいたします。

オーダーは電話やLINEで受け付けている所がほとんどです。オーダーを書いたメモを渡すのも良いかもしれません。

トリミング後のお迎えは早く行く

普段はトリミング後のお預かりをお願いしている方も、今だけはすぐにお迎えに行ってあげてください。

先ほども書きましたが、お客様同士の接触を避ける為に調整して予約を取っています。

スタッフの人数を減らして営業しているサロンもありますので、預ける時間が長くなってしまわないよう終了時間を確認してなるべくすぐ迎えに行ってあげてくださいね。

お会計はキャッシュレスが便利

現金の受け渡しは少し不安がある方も多いかと思います。

最近ではトリミングサロンでもキャッシュレス対応しているお店が増えました。

使えるのであれば時間短縮にもなりますので、積極的に使っていきましょう。

まとめ:できることは徹底して、トリマーにご協力をお願いします

他の業種と同じように、先が見えない中でトリマーも不安を感じながら業務を行っています。

スタッフを守ることはお客様を守ること、お客様を守ることは愛犬を守ることにも繋がります。

全国のトリマーで情報を共有し、助け合ってこのピンチを乗り越えようとしていますので、どうか飼い主様もご協力お願いいたします。

私は休業中、お客様から頂くお写真やメッセージに本当に救われています。

もしお時間あれば、担当トリマーに愛犬のお写真送ってあげてくださいね。泣いて喜びます。

また安心してトリミングができる日が、1日でも早くやってくることを願っています。