イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

【トリマー】ブランク明けに感じたこと

f:id:inunokoto:20200519225632j:plain


私は都内で働くヒトリマーです。

やっと営業再開できました!

久し振りの仕事の中で感じたことなど。

約1ヵ月半の営業自粛

緊急事態宣言の発令に伴い、4月7日より営業を自粛することを決断しました。

他の経営者仲間はまだ誰も休業を決めておらず「勇気ある決断だね」と言われたものの、どこか馬鹿にされたようで悔しかったのを覚えています。

しかし、協力金の発表が出ると慌ててみんなお店を閉めていました。

結局、事前にしっかり準備をしてお客様にアナウンスしておけたので、お客様におかけするご迷惑が最小限にできたのではないかと思っています。

突然の予約取り消しなどで困っている方のSNSもお見かけしたので、私の判断は間違っていなかったのかなと。

せっかくついたお客様が離れてしまうのではないかという不安

しかし、緊急事態宣言がいつまで続くのか分からない中での休業は正直めちゃくちゃ不安でした。

「閉めたは良いけど開けられない」という状態になってしまったのです。

当初の緊急事態宣言は5月6日まででしたので、そこで営業を再開するお店もたくさんありましたが、私はしばらく様子を見るという選択をしました。

お客様は待っていてくれました!

緊急事態宣言明けはどうしても予約が殺到してしまうことが予測される為、お客様には少しずつご連絡をする形を取りました。

返信が返ってくるまでは不安でいっぱいでした。

私のサロンよりも早い段階で営業を再開している所が多くあり「他のサロンに行ってしまったのではないか」という不安です。

しかし数名他のサロンでトリミング済みでしたが、次回は戻ってきてくれると言ってくださいました。

他のお客様も「待ってたよー!」とみなさん優しいメッセージを送ってくださり、嬉しくて嬉しくて、何度もメッセージを読み返しました。

休業中にみなさんが送ってくださった愛犬の写真も、どれも全部保存してあります。

私の宝物です。

久し振りのトリミングで感じたこと

こんなに休んでしまって、今まで通りに働くことができるのだろうか…。

というのが正直な気持ちでした。

実際に数日働いてみて感じたことは、

  • 体力が落ちている
  • 体が痛い
  • 集中力が落ちている
  • 楽しい!
  • 変な癖が治っている

体力が落ちている

これは1番心配していたことでした。

やっぱりしばらく全然動いて居なかったので、体力の低下はある程度仕方ないかなと思います。

でも、不思議なもので「仕事」となるとアドレナリンが出て(?)頑張れちゃうんですよね。

お客様やわんちゃんに久しぶりに会えたことで、疲れも吹き飛んでしまうんですね!

体が痛い

完全に運動不足ですね…。

体がバキバキなので、普段は感じない肩こりや腰痛が悩みです。

しばらくしたら慣れてくるとは思うので、今は湿布を貼ったりマッサージ、ストレッチなどをして乗り切ろうと思います。

だいぶ外出もできそうなので、お散歩なんかも良さそうですね。

集中力が落ちている

実は1番実感しています。

トリミングって数時間単位で集中するお仕事です。

プードルのトリミングコースで3時間ほど、多頭飼いのお家であれば5時間6時間なんてこともあります。

もちろん犬にも集中力がありますし、疲れてしまうと可哀そうなので、普段からちょこちょこ休憩を挟むようにはしていますが、それでも今までのようにガッツリ集中するのが難しいと感じました。

どうしても気分転換の時間が増えてしまい、時間がかかってしまっています。

でも、怪我をさせてしまったら大変なので今は少し長めにお時間を頂いて、のんびりトリミングさせてもらっています。

楽しい!

何より本当に楽しいです。

もともと大好きな仕事ですし、久しぶりに持つハサミにわくわく。

普通に仕事ができるということに幸せを感じています。

今回のことで、「普段通りの生活」がいかに大切な物か感じることができました。

人生においても大きな、貴重な経験であったと思います。

変な癖が治っている

これは以前から感じていたことなのですが、数週間ハサミを触らないと自分の変な癖が治っているんです。

学生時代にスポーツをしていた時にも同じように感じていました。

技術職の方には共感していただけるのではないかなと思いますが、いかがでしょうか?

苦手意識があって時間がかかっていた部分のカットが改善されていたりして、自分でもびっくり。

もしスランプで悩んでる方がいたら、少し時間を置くというのも効果的な方法かもしれません。

ブランクが3年あった時の話

実は以前、トリマーとしてのブランクが3年程あったことがあります。

正直仕事復帰は不安でしたが、それ以上に「やってやるぜ!」という気持ちが強く、気合で乗り越えました。

ただ就職先が動物病院だったこともあり、仕上がりにそこまでこだわりのあるお客様が少なかったので気持ちの面でもだいぶ楽だったというのもあります。

とにかく数だけこなせる環境だったので、それも良かったのかなと思います。

もし、トリマーとして復帰することに不安を感じている方がいたら、動物病院への就職がおすすめです。

しばらく働いてハサミの感覚を思い出してから、トリミングサロンで更なるレベルアップをすると良いかと思います。

まとめ:ブランクは悪いことばかりじゃない

今回の営業自粛によって、はじめはネガティブな気持ちばかりでいましたが、いざ終わってみると「悪いことばかりではなかったな」と感じる事ができています。

休業中もお客様とメッセージのやりとりをして、距離は縮まったなぁと感じますし、仕事ができる喜びをこれでもかと噛みしめています。

もちろん、離れてしまったお客様もいるかもしれません。

それでもこの1か月半は無駄ではなかったと信じています。

ブログをたくさん書けたことも良かったですし。

しばらくは忙しい毎日が続きそうですが、楽しんで過ごしていこうと思います!