イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

犬のひげカットって必要?

f:id:inunokoto:20191012012401j:plain

今日は犬のひげカットのお話です。

毎回サロンで悩むという方も多いのではないでしょうか。

ひげカットの必要性

私はトリマーなので、トリミングの際飼い主さんに「ひげカットどうされますか?」と確認します。

すると、大抵の飼い主さんが「えーっと…」と悩まれます。

「切った方が良いんですか?」と聞かれるので、私はいつも「切らなくても良いです」とお伝えしています。

犬のひげは、猫のひげと違って切ってしまっても問題ありません。

生活に支障が出る訳でもないですが、かといって切ったから良いことも特にありません。

「可愛い」ということくらいです。人によりますけど…。

私がひげカットをおすすめしない理由

  • すぐ生える
  • 必要性を感じない
  • 面倒くさい

すぐ生える

人間のひげと同じで、1週間ほどでだいぶ伸びます。

中途半端な長さのひげが不揃いに生えている感じがあまり好きではありません。

必要性を感じない

あってもなくても良くて、どうせ短時間しか綺麗な状態が保てないのなら、やらなくても良いんじゃない?が、私の意見です。

面倒くさい

これは、トリマーとしてどうなのって感じですが。

犬のひげカットは、人の髭剃りのような機械でウィーンと剃るような物ではありません。

1本1本のひげを、根本からはさみで切っていきます。

あの無数に生えているひげを…。結構大変なんです。

犬はマズルを押さえられるのが苦手

何と言っても、犬にとって口は唯一の武器です。

当然押さえつけられて気持ちが良いものではありません。

マズルコントロールと言ってトレーニングの一環として、人が犬のマズルを掴んでコントロールするという物がありますが、人に例えると両腕を拘束されてコントロールされる感じですよね。

レーニング的には有効なのかもしれませんが、私はそれについてもあまり必要性を感じないため無理にマズルコントロールすることはありません。

そんな感じでイヌはマズルを掴まれるのを嫌がりますが、口元にはさみを持って行って作業するため、危険を伴いますので割としっかりめの保定が必要になります。

そこで犬を我慢させることになりますので、ちょっと心が痛いです。

ひげカットが苦手な子の飼い主さんが「どうしてもひげを切ってほしい」とのことで、口輪をしてカットをしたことがあったのですが、やはり「そこまでしてやらなければいけないことなのかな…」と、悲しくなった記憶があります。

また、右側のひげから切り始めて「おっ良い子じゃん」と思ったのに、反対(左側)に移った途端全く切れなくなってしまった。ということも多々ありますので、注意が必要です。

まとめ:犬のひげは切ったら可愛いけど、無理に切る必要はない

私も、ひげを切りたての子はとても可愛いと思います。赤ちゃんのようになります。

でも、明らかに嫌がる子が多く、爪切りのように毎月必ず必要なものでもないので、苦手な子の場合は無理に切る必要はないと思います。

もしお家でひげを切らせてくれる子でしたら、週1くらいで切ってあげると綺麗・可愛いが保てると思います。

犬も、飼い主さんが切ってくれる方がストレスが少ないんじゃないかと思います。

愛犬の性格を見極めて、特に嫌がることなく切らせてくれる子であれば、ひげカットしても全然OKだと思います。

 

以上、私がひげカットについて思っていることでした。