イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

ケージフリーにして起こった4つの変化

f:id:inunokoto:20191010212938j:plain

今日は、我が家がケージフリーにしてみて起こったことをご紹介します。

これまではケージ派でした

もともとは初めて犬を飼ったころからずっとケージ飼い派でした。

「犬はケージで飼うもの」という固定概念がありました。

トイレやいたずらの心配もあるし、私の留守中に地震が起こって家具の下敷きになってしまうのも心配。多頭飼いなので、予期せぬ喧嘩があるのではないか…など。

そもそも周りもみんなケージで飼っているし(特に犬のお仕事している人は)、フリーにするという選択肢はありませんでした。

お風呂に入る時や料理をする時もケージに入っててもらいます。危ないので。

しかし、引っ越しを機に実家の犬を引き取ることになり、犬の数が増えることになりました。

部屋の数が減るのに犬が増えるという、矛盾。

これ以上ケージが増えると私の寝る場所がなくなってしまう…。

ケージはやめてクレートにしようか?でもそれだと長時間のお留守番ができない。

…では、いっそのことフリーにしてしまう?

ケージフリーに挑戦

といっても、全部屋フリーにするのはやはり難しいので、寝室をフリースペースにすることにしました。

私のベッドと、ソファと、猫のケージしか置きません。

(猫はどうしてもフリーにできない子なので、私の留守中はケージです)

いたずらされそうな物は何も置かず、トイレも間違える確率を下げるために2か所。

「大きな犬のケージの中で私が寝ている」という状態です。

倒れそうな大きな家具はやめて、ソファやベッドも高さのない物に変更です。

こうして、なるべく不安がない状態でケージフリー生活に踏み切ったのです。

犬達に起こった変化

なにかトラブルがあったらすぐにやめようと思っていましたが、ケージフリーは想像以上にうまくいきました。

トラブルがないだけでなく、とても嬉しい変化がありました。

分離不安の軽減

私の姿が見えないとお漏らしをしてしまうという子が居たのですが、ケージフリーにしてみると、あっさりと治ってしまいました。

今まであれこれ悩んでいたのに、こんなに簡単に改善できるなんてと感激しました。

また、ストーカーのように付きまとうこともなくなり、飼い主としては嬉しいような、寂しいような…嬉しいですね。

音に敏感でなくなった

少しの物音では動じなくなりました。

以前は反応していたような家の外の騒音なども、聞き流せるようになっている気がします。

常に私を監視して、少しでも動くと飛び起きる、というのもやらなくなりました。

犬同士の喧嘩が減った

男の子同士は、日常の中でちょっとした喧嘩をします。

もともと相性のあまり良くない子達も居ますが、それでもうまく距離が保てるようになったように感じます。

穏やかになった

結局全てはこれなんですが、本当にみんな穏やかになりました。

興奮することがほぼありません。

犬がたくさんいるとどうしても騒がしくなってしまいがちですが、他の子に釣られて興奮することがなくなったので、ストレスの連鎖みたいなものが消えました。

飼い主にしか分からないちょっとした変化ですが、表情もとても柔らかくなった気がしています。

飼い主のストレスが大幅ダウン

もともと大きなストレスと感じていた訳ではありませんでしたが、ケージフリーにしてみると犬との生活がとても快適になりました。

帰宅後の足洗いがなくなった

ケージ飼いの頃は、留守番が長引くと犬が排泄物を踏んでしまい、大惨事になるということが多々ありました。

疲れて帰って来たのに、慌ててシャンプー…。経験ありませんか。

それが、ケージフリーだとほとんどありません。トイレも広々、ベッドも広々なので。

洗濯物が減った

意外だったのがこの洗濯物です。

これまでは犬用ベッドやらブランケットやら、細々した物をたくさん洗うのが大変でしたが、今は犬と一緒に寝るので自分のシーツと布団カバーを洗うだけ。

寝具類は、犬も多いし、実は私が犬アレルギーなので毎日洗いますが、細かい物や洗濯機で洗えないような犬用ベッドを手洗いするより、よっぽど楽で衛生的です。

掃除がめちゃくちゃ楽になった

そして何より感動したのが床掃除。

ケージの掃除って、隙間におしっこが入り込んで大変だったり、ケージを移動して掃除したりしなくてはいけなかったりで結構大変でした。

それが、自分の部屋を掃除するだけの手間になります。

犬の為に極力何も置かないようにしたので、これならと思ってロボット掃除機(ルンバとブラーバ)を導入しました。

日中は犬を連れて出勤するので、その間にルンバくんとブラーバちゃんに掃除をお願いしています。

犬が居るとすぐに毛が落ちたり、おしっこの付いた足でペタペタ歩かれたりして床が汚れてしまいますが、仕事をしている間に床がピッカピカになっていて、毎日気持ちよく生活できます。

自分の時間もすごく増えました。

今度記事にしますが、お掃除ロボット達、本当に有能なのでおすすめです!

 

まとめ:ケージフリー、我が家では大成功でした!

まだフリーにしてみて3か月ほどですが、思いつくだけでこれだけの変化がありました。

正直こんなにたくさんのメリットがあるとは思ってもいなかったので、自分でもびっくりしています。

でも、犬をケージフリーで飼うには事前の準備がかなり大変です。

私は引っ越しを機にガラッと生活環境を変えることができましたし、そもそも日中は犬と一緒に仕事をしているので実践できたのだと思います。

犬によってはケージの中の方が落ち着く子もいますし、飼い主の性格によっても変わってくるかと思います。

トレーナーさんに言ったら怒られてしまうかもしれません。

「みんな!ケージフリーにした方が良いよ!」と言うつもりはありません。

でも私は「ケージフリーにして本当に良かった!」と、思っています。

まだ実践して3か月ほどなので、今後また何か変化があればご報告したいと思います。