イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

犬のサマーカットのメリットとデメリット

f:id:inunokoto:20200425185747j:plain


毎日暖かい日が続いて、そろそろサマーカットの時期が来ますね。

それに加えて今年はなかなかトリミングにも出せないということで、例年よりもサマーカットのオーダーが増えるのではないかと予想しています。

今日はサマーカットのメリットとデメリットのお話です。

もし「夏だからサマーカットにするか」と漠然と思っている方がいたら、少しだけ待ってください。

そもそもサマーカットの定義ってご存知ですか?

「夏仕様に短くカットすること」…これだけです。

というより明確な定義はありません。

トリミングサロンによっては「サマーカットは〇ミリ以下の丸刈り」とか決まっている所もあるようですが、基本的には決まりはなくトリマーの匙加減です。

なので、希望の長さがある場合はオーダーしてしまって全然OKです。

長くても短くても「サマーカット」です。言ったもん勝ち。

今回のサマーカットはバリカンでツルツルにすると仮定します。

実はそんなに涼しくないサマーカット

見た目もツルッとすっきりして、一見とても涼しそうに見えるサマーカットですが…実は犬はそんなに涼しくないのです。

犬をはじめ動物の体毛は断熱材のような役割を持っていて、強い日差しから皮膚を守っています。

あのモコモコの羊さんの毛刈りも、暑い夏ではなく春先に行うそうです。

真夏には毛が伸びて、暑さから身を守れるようにですね。

犬種にもよりますが、体毛は暑さにも寒さにも対応できるような構造になっているのです。

ですので、単純に「暑いからサマーカットにすれば良い!」という訳ではないということなんですね。

サマーカットのデメリット

サマーカットにすることによるデメリットをいくつかご紹介します。

日焼け、怪我の危険性

体毛を短く刈り込むことによって肌が露出し、日焼けをしやすくなります。

人間でも日焼けはお肌に良くないですよね、犬も同じです。

特に白い毛の子は、皮膚にシミができやすく目立ちますので要注意です。

また、お散歩中草むらに入っていくような子は、木の枝などで皮膚を怪我してしまうことがあります。

もし短くカットするのでしたら、お洋服を着せて日焼けと怪我を予防してあげてくださいね。

温度調節ができない

先ほど、犬の体毛は暑さと寒さから身を守れるようにできていると書きましたが、夏の間はエアコンの冷気にも注意が必要です。

犬の生活する床付近は思った以上に温度が低く、特に小さな犬は夏なのに寒い思いをしているかもしれません。

お洋服を着せてあげたり、場合によっては夏の間もペットヒーターがあっても良いかもしれません。

寒かったら自分で好きな時に使えるようにセットしておいてあげましょう。

毛質が変わってしまう

トリマーとしてはこれは一番心配なところなのですが…。

ダックスやチワワ、そして特にポメラニアンなどの、通常であればカットをしない犬種は、一度バリカンで短くしてしまうと、その後今まで通りの毛が生えてこなくなってしまうことがあります。

「夏はサマーカット、冬は伸ばそう!」と思っていても、冬までの間にきちんと生えそろわないことが多いです。

生えてきた毛がまだらだったり、尻尾や耳の毛が伸びなかったり。

オーバーコートが生えず、アンダーコートだけになってしまう子もいますので、また元通りのスタイルに戻したいと思っている場合は要注意です。

サマーカットのメリット

可愛い

これは好みの問題でもありますが、ポメラニアンのサマーカットなどは反則級に可愛いと思います。

ライオンカットも似合う子がやるとめちゃめちゃ可愛いです。

単純に短いカットが好きな方も多いので、1年中サマーカットの子なんかもいます。

気分転換

冬の間とはカットを変えることで違った可愛さを楽しめますね。

風物詩みたいになってるお家もあるんじゃないでしょうか。

抜け毛対策

夏の換毛期に備えて丸刈りにする方もいます。

抜け毛の量自体は減りませんが、抜けた毛が短いのでお手入れがしやすいみたいです。

私は逆にチクチクしてしまうのが嫌なタイプなので、そこは飼い主次第ですね。

イボなどの異変に気付きやすい

年を重ねると知らない間にイボができていることが。

もじゃもじゃの毛に覆われて気付けないということもあるので、すっきり短くすることで確認しやすくなります。

ただ体の異変は目視より、とにかく全身いじくり回す方が良いですよ。

清潔に保てる

私はサマーカットの1番の魅力はこれだと思っています。

毛玉もできにくく、シャンプーも楽ちんなのでいつも綺麗な状態を保ってあげることができます。

お家でのお手入れがメインの子の場合はサマーカットが良いかもしれないですね。

涼し気

先ほど書いたように本人はさほど涼しく感じていませんが、見ているこちらとしては毛むくじゃらでいられるよりも涼しく感じますよね。 

私のおすすめはオールシザー

プードルやシーズーなどの通年カットが必要な犬種は除き、ダックス、チワワ、ポメラニアンなど、普段カットをしない子達の場合は私はあまりバリカンでのサマーカットはおすすめしていません。

なんといっても毛質が変わって生えてこなくなってしまうことが多いので、できるだけバリカンは使いたくないのです。

なので、私はお客様にサマーカットのオーダーをいただいたら、まずはメリットとデメリットをご説明した上でオールシザー(全身ハサミ仕上げ)をご提案します。

それでもバリカンで短く刈り込んで欲しいというお客様もいらっしゃいますが、たいていはオールシザーをご希望されます。

(ちなみにうちではオールシザーの追加料金はかかりません)

ハサミで飾り毛(肢やお尻のひらひらした毛です)をカットするだけでもだいぶすっきりとしますし、印象も変わるのでおすすめです。

サロンでオーダーする際は「全身飾り毛すっきり」と伝えればだいたい通じます。

「サマーカットにしてください」と言うと100%バリカンで短く刈り込まれてしまうので要注意です。

トリミングサロンでのオーダーの仕方はこちらで。

www.inunokoto.com

まとめ:デメリットもしっかり理解した上でオーダーしましょう

サマーカットのメリットとデメリット、いかがだったでしょうか。

私は賛成とか反対とかではないです、一長一短ありますので。

でも、「夏だからサマーカット!」ではなく、きちんと目的を持ってカットして欲しいなと思います。

短くする場合はその後のケアにも気を使ってあげてくださいね!