イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

犬のフィラリア・ノミダニ予防薬の種類と選び方

f:id:inunokoto:20200426004156j:plain
ぼちぼちフィラリア・ノミダニのお薬を飲み始める季節ですね。

最近ではいろいろなタイプのお薬が出ていて、迷ってしまうことも。

今回はどんなタイプのお薬があるのかご紹介します。

基本的にはフィラリアのお薬もノミダニのお薬も形状は似ている物が多いので、一緒にご紹介します。

フィラリア・ノミダニ予防薬の種類

コスパが良い錠剤タイプ

錠剤タイプの良い所は、やっぱりお値段が安いこと。

多頭飼いにはありがたいですよね。

ただし、錠剤を飲ませるのは一般の飼い主様には少し難しいかもしれません。

月に一度お薬をもらいに行くついでに投薬してもらってしまうのも一つの方法です。

うちの子は1匹錠剤タイプが合わず投薬後に吐いてしまうことがあるので、その子は別の物で対応しています。

美味しいチュアブル(お肉)タイプ

最近主流になっているのがこちらのタイプ。

美味しい味が付いているのでおやつ感覚で犬も喜んでパクパク食べてくれますので、投薬も楽々です。

月に一度の楽しみになっている子もいるのではないでしょうか。

手軽なスポット剤

背中にチュッと垂らすだけの、手軽にできるお薬です。

簡単で使いやすいですが、意外に嫌いな子もいるので要注意です。

うちの子はスポット剤が嫌いな為、投薬したらその日はクレートから一切出てきません。

多少のアルコールが含まれるようで、スース―するのが気に入らないみたいですね。

今までで2頭しか出会ったことがないですが、稀にスポット剤を付けるとその部分が脱毛してしまうことがあるみたいです。

もし使用中に皮膚が赤くなったり脱毛が始まったら要注意です、すぐに使用をやめて動物病院で診てもらいましょう。

1年に1度で大丈夫、手間なし注射タイプ(フィラリア

こちらは私も一度も使用したことがありません。

恐らく都心の動物病院ではあまり取り扱っていないのかな?と思いますが、注射タイプは効果が1年間と長持ちしますので、毎月の投薬が必要なく最も楽かもしれないですね。

首輪タイプ(ノミダニ)

ホームセンターなどで見かけることがありますが、こちらはおすすめできません。

「ノミダニ予防はこれでしています!」という犬はかなりの確率でノミが付いていますし、虫を殺せるだけの成分の物を四六時中首に付けているのもなんだか…。

どちらにせよ効果は絶対に薄いのでこれは使用しないでくださいね!

トリミングサロンではノミ取り首輪だけでの予防では受け付けてもらえないこともあります。

結局どうやって選ぶのか

これはもう飼い主様次第…となってしまうのですが。

私は多頭飼いなので基本的にはコスパを重視して錠剤のフィラリア薬&スポットのノミダニ薬にしていますが、錠剤が合わない子、スポット剤が苦手な子などはチュアブルタイプにしたりして臨機応変にしています。

最近ではノミのお薬とフィラリアのお薬が一緒になっているタイプもありますので、そういったお薬を使用すると管理も楽になります。

まとめ:愛犬にとって負担が少なく、少しでも投薬が楽しくなると良いですね!

いかがだったでしょうか。

意外と種類があるフィラリアのお薬。

毎月飲まなければいけないことが多いので、できれば愛犬にストレスなく投薬できる物がおすすめです。

投薬予定日にはカレンダーで印を付けて、飲み忘れがないように気を付けてくださいね!

定期的な投薬で、愛犬を守りましょう。

フィラリア予防薬の投薬期間についてはこちらの記事で。 

www.inunokoto.com