イヌノコト。

現役トリマーが犬のことをあれこれ考えるブログです。

理想のトリミング間隔

f:id:inunokoto:20190321202206j:plain


犬を飼ったら定期的なトリミングが必須です。

愛犬のトリミング、どのくらいの間隔でしたら良いのでしょうか?

基本は月一トリミング

月に一度、定期的にトリミングに出しているという方が多いのではないでしょうか。

私もサロンのお客様には基本的には4週間おきのトリミングをおすすめしています。

月に一度というのが覚えやすいですし、具体的に曜日や日にち(第〇日曜日、毎月〇日など)を決めておくのも忘れなくて良いと思います。

トリミングをした際に、次回の予約を取るのが1番確実な方法です。

お店によっては次回予約をすると割引になったりするところもありますので、予定が分かっていれば早めに予約をとってしまうのがお得になったりします。

自宅で洗える場合は2か月に1回

ダックスフンドやチワワなど、自宅でシャンプーできる犬種の場合は2か月に1回でも良いかなと思います。サロンでのシャンプーと自宅シャンプーを交互に行います。

爪切りや足の裏の毛のカットは、それ以上間が空いてしまうと生活に支障が出ることもありますので、2か月に1回はサロンに行きましょう。

また、自宅でやるのが難しい肛門腺絞り。溜まりすぎてしまうと破裂する恐れがありますので気を付けてください。

肛門腺の溜まり具合は、1か月に1回絞った方が良い子、3か月に1回でも大丈夫な子など個体差が大きいです。

サロンや動物病院などで溜まりやすい体質と言われた場合には注意が必要です。なるべく間隔を空けずに絞ってもらいましょう。

プードルやヨーキー、マルチーズなどのカットが必要な犬種は自宅で洗ってしまうと毛玉だらけになってしまいますので、ツルツルにカットしている場合を除いて、月一でトリミングに出してあげてくださいね。

コースと単品メニューを上手く組み合わせて

トリミングサロンでは、シャンプーやブロー、爪切りや肛門腺絞りなど全身のお手入れをまとめてやる「コース」と、爪切りだけや、肛門腺絞りだけ、といった「単品」のメニューがあります。

月に一度コースを利用していれば基本的には問題ありませんが、自宅シャンプーを挟んだり、トリミングの間隔を伸ばしたい場合などは単品メニューを組み合わせて利用することをおすすめします。

トリミングとトリミングの間に肛門腺絞りのみをやってもらったり、自宅で毎月シャンプーができるのであれば爪切りや耳掃除などだけサロンにお願いするという方法もあります。

最近ではシャンプー+ブローのみしてくれるお店も増えていますので、トリミングと交互に行うのも良いですね。

うちのサロンではブラッシングのみや、お顔カットのみでの受付もしています。メニューには載っていなくても対応してくれるお店が多いので、相談してみても良いかもしれません。

まとめ:適切なトリミング間隔でいつも綺麗に過ごしましょう

犬種、毛質、汚れ具合などによって適切なトリミングの間隔は異なります。皮膚の状態などによっては頻繁なシャンプーが必要なことも。

自分で判断するのは難しいので、トリマーや獣医師に相談してみてくださいね。その子に合ったトリミングの間隔を教えてくれますよ。

私は、理想は自宅で全てのお手入れができることだと思っています。信頼している飼い主様にやってもらうのが、愛犬にとって1番安心できますよね。

しかし、犬を扱うのはやはり難しく、そして思った以上に時間もかかります。

そこで、トリミングサロンを利用するのが一般的になりますが、使い方は実は何通りもあります。

シャンプーコースやトリミングコースを利用するだけでなく、ぜひ単品のメニューも上手に使って愛犬をいつも綺麗な状態で過ごさせてあげてください。

何でも相談できるいきつけのトリミングサロンを見つけてくださいね。